トップ  >  入門 〜 妻を愛している  >  愛妻家になる理由と愛妻力

愛妻家道場で目指す「愛妻家」とは、どのようなものでしょう。

ありがちな旦那さまの行動や考えを
愛妻家道場で目指す愛妻家のものと 比べてみましょう。

○(ありがち夫)
 「愛している」は言いすぎないほうが良いと思う。
●(愛妻家)
 どれだけ「愛してる」を言っても言い足りない。

○(ありがち夫)
 人前で妻を愛していると言うことは恥ずかしい。
●(愛妻家)
 少し恥ずかしいけど、気持ちがいい。

○(ありがち夫)
 会社でついつい、妻のグチを言ってしまう。
●(愛妻家)
 会社でついつい、妻の自慢を言ってしまう。

○(ありがち夫)
 今仕事を頑張り、将来家族を幸せにしたいと思う。
●(愛妻家)
 今とても幸せなので、仕事もうまくいくと考える。

○(ありがち夫)
 長年一緒にいて飽きるのは仕方がない。 
●(愛妻家)
 奥様にモテる努力をするので、奥様も魅力的になる。

○(ありがち夫)
 夫婦喧嘩で 相手を傷つけてしまう。
●(愛妻家)
 夫婦喧嘩で 自分の気持ちを伝える。

○(ありがち夫)
 浮気をしてしまう要因を、理性でおさえる。
●(愛妻家)
 浮気をしたくない理由がたくさんある。

いかがでしょう。
愛妻家って楽しそうだと思いませんか?
道場主は「愛妻家」を、気持よく楽しんでいます。

また、周囲からも好意的に受け取っていただいています。

−−−−−−−−

「愛妻家は難しい」と考えられる方の
例を見てみましょう。

●「すばらしい奥さんを持つ人が 愛妻家になれるんだよ。
  うちは無理だなぁ・・・」

求められる奥様像はどのようなものでしょうか。
ご夫婦でお互いに成長し合うには、ご自分から働きかけることが大事です。

旦那さまが愛した分、奥様もステキになります。


●「私は妻をとても愛しているのに、
  妻からは何も帰ってこないから 無理ですよ。」

その愛情は奥様に伝わっていますか?
男性の「伝える」と、女性の「伝える」は同じではありません。
せっかくの愛情がもったいないです。


●「私は色々してあげているのに
  妻はなにもしてくれないんですよ。」

奥様に尽くすお気持ちがとてもすばらしいので、
それが奥様の求めているものになれば、きっとうまくいきます。


●「もう妻を女性と見れなくなりました。
  長年連れ添えばこんなものです。」

一緒に生活するご夫婦の関係が「義務関係」になってしまうのは、
特に女性にとっては寂しいもの・・・
このままで大丈夫と思わず、夫婦関係を改善しましょう。

旦那さまがステキになれば、奥様もステキになっていきます。


またこのような方もいらっしゃるでしょう。


●「うちは夫婦円満だから、
  大丈夫ですよ。」

すべてのご夫婦の円満が、道場主の願い。
このような方ばかりになれば良いなと、いつも想っております。

しかし道場主は、いつか来る妻との永遠の別れを思うと、
どれほど妻を愛しても 足りないと感じてしまいます。
また安心が慢心になり関係が壊れないよう
気をつけたいと思っています。

ぜひ今後もご夫婦の幸せのため
ますますご自分を磨いていかれることを願ってなりません。

−−−−−−−−−−−−

このように、愛妻家道場では
このステキな「愛妻家」になることを、
すべての既婚男性におすすめしており、

また 愛妻家になる目安として
「愛妻力段位」を設定し、その向上を支援しております。

「愛妻家になりたい方」
「愛妻家になるのは難しいと考えられている方」
「愛妻家だがもっと向上したい方」

の向上の目安として
「愛妻力段位」をお役立ていただきたく思います。


他にも、「愛妻家」をおすすめする理由をあげますと、
  • 「愛妻家」は最高の趣味にもなります。
  • 家の居心地が良くなります。
  • 周りの人を笑顔にすることができます。
  • 仕事にも良い影響があります。
  • 夜の夫婦生活にも役立ちます。
なによりご自身が幸せになります。


皆さまも、「私は愛妻家です」と宣言し、
一緒に夫婦関係を向上しませんか?

カテゴリートップ
入門 〜 妻を愛している
次
愛妻力段位の概要について

Facebook/ブックマーク登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

愛妻家Twitter