トップ  >  入門 〜 妻を愛している  >  「愛してる」って何?
入門編から、いきなり人類究極のテーマに入ります。
「愛してる」ってなんでしょう。

これが定まらないと、
「愛妻家」の意味も、曖昧なものになってしまいます。

辞書を調べると、
 相手をいつくしむこと。
 大切にする気持ち。
 慕う情の気持ち
 幸せを願う深く温かい心

このような意味が記されています。
誰も異を唱えることがない解釈ですね。

しかし実際「愛する」妻を前に、この意味で十分かと考えると、
まだ足りないのではと感じます。

もっと言語では表現できない深いものが・・・


気持を、言葉で表すのは
非常に難しいことです。

ですので「本当に愛していると、どうなるの?」を
自分に問いかけ、考えてみます。

・「笑顔を見ると、とても幸せになる。」
・「抱きしめたい。」
・「離れたくない。」

という単純な欲求や思いから、

・「何も困ることがない様にしてあげたい。」
・「何年経っても、気持ちが変わらない。」

という細かいものまで、
あげればキリがありません。

そして道場主が考える
これ以上ないであろう愛している状態はこちらです。

「愛って、全てを許せることかな」

この意味はもう何年も変わっていません。

−−−−−−−−−−−−

これまで宗教・哲学、そして科学に至るまで、
「愛とは、愛しているとは何か」考えられてきました。

そしてそれぞれ、
一定の解釈にたどり着いているように感じます。

ここで皆さまにお願いしたいのは、
私や各種の解釈を言葉で理解するだけではなく、
奥様や家族を目の前にし、

「愛しているってなんだろう」

と心で感じ、ご自分の解釈を考えてみてください。

確かに一定の目安は必要であり、是非活用いただきたいのですが、
やはり愛のカタチは人それぞれ。
あなたが本当に欲する形こそ、
あなたのと奥様の「愛妻家道」のゴールかもしれません。

そして、「愛とはなんだろう」と考えることもまた、
愛しているからこそ出来る行為ですし、
より奥様を愛する助けになります。


皆さまも、皆様が思われる「愛」の形を
考え続けてみてください。

それを奥様と過ごしながら考えていけるって、
やっぱり夫婦って、ステキですね。

前
愛妻力段位の概要について
カテゴリートップ
入門 〜 妻を愛している

Facebook/ブックマーク登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
愛妻家Twitter