トップ  >  妻の悩み  >  旦那の嫌いなところ  >  髪型や身だしなみに無頓着
結婚前や結婚当初は、愛する奥さまが気になるので、
いつも身だしなみには気をつけていたのではないでしょうか。

夫婦生活が長くなってくると、隣にいる奥さまは、
ドキドキする相手から、だんだん空気のような対象になってしまい、
気にすることがなくなっていってしまいます。


休日に外出の予定がないからといって、
いつも髪の毛をバサバサにして、整えていなかったり、
髭も剃らずにダラダラ過ごしていると、

「あぁ、やっぱり私はもう、女として見られていないんだなぁ・・・、
 私も旦那のことを男として見れないしなぁ。」

と、お互い気を使わない関係になりがち。悪循環です。

自分の身なりに気を使うことは、
相手に気を使っているというメッセージでもあります。


また、奥さまにとって旦那さまは
アクセサリーの1つということを
無意識に感じられる方もおられるようです。

ですので、キレイにしている旦那さまでないと
一緒に街を歩くのが恥ずかしくなることも。

いつもステキな旦那さまを
自慢したい心理を感じ取りましょう。


−−−−−−−−−−−

ここで必要なのは、
決してモデルのようなかっこ良さを求めることではありません。

多くの女性の心理として、

「整っている状態が好き。」

という潜在意識があるようです。

つまり、特別にカッコいい服や髪型ではなく、
まずは、雑になっている状態をなくして、
綺麗サッパリとすることです。


髪型や衣服以外に、注意したほうが良いのは、「眉毛」です。

多くの女性は、自分で、もしくは美容室で「眉毛」を整えています。
ですので、眉毛には関心がある方が多いです。

一方男性はと言うと、最近でこそ気を使う男性も増えてきましたが、
自分で眉毛をきれいに整えている人は多くはないのではないでしょうか。

奥さまが旦那さまの顔を見た時、
眉毛が飛び跳ねていたり、雑になっていたりすると、がっかりなんです。
そして、がっかりが段々と、あきらめになってしまい、
最期は無関心に変わっていってしまうのです。

床屋や美容室で、眉毛も綺麗に整えてもらうのもよし、
ご自分ではさみで不要な毛を切り落とすのもよし。

「雑」な毛を落として、奥さまが気持ちいいとおもえる旦那さまでいたいですね。


カテゴリートップ
旦那の嫌いなところ

Facebook/ブックマーク登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
愛妻家Twitter