投稿者 : shihan001 投稿日時: 2012-05-08 (654 ヒット)

未婚率が年々増加していることが社会問題となっていますが、ここまで増えているとは・・・

引用:

「50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合である生涯未婚率(2010年時点)は、男性20・1%、女性10・6%と、初めて男性が2割台、女性が1割台に達したことが30日、わかった。」(2012年5月1日 YOMIURI ONLINE


別に結婚したいとは思っていない知人もいますし、多種多様な生き方があることは良いのですが、結婚生活を知らずに生涯すごす方が増えているというのは、愛妻家道場主としては悲しいところ・・・ 

夫婦生活・愛妻家の楽しさをお知らせしていくことで、結婚したいと思う方が増えていけばいいなと、気合が入ります。


投稿者 : shihan001 投稿日時: 2012-04-25 (455 ヒット)

 富山南署は、富山市の民家火災の現場からお年寄りを助け出した富山市辰尾、会社員藤井敏弘さん(64)と妻の幸子さん(60)に感謝状を贈った。

 同署などによると、今月7日午前8時半頃、幸子さんがコンビニ店からの帰りに近所の住宅から煙が出ているのを発見。近くにいた女性に119番を依頼するとともに、自宅にいた敏弘さんを呼び、隣家の外にある水道のホースを使い、消火活動をした。敏弘さんは煙が充満する住宅に飛び込み、床に座り込んでいた足の不自由な男性(82)を抱きかかえて救出した。男性は一人暮らしで、病院に運ばれたが、けがはなかった。

 同署で16日に行われた感謝状贈呈式で、田中芳治署長は「すばらしい連携だった」と絶賛。敏弘さんは「怖いと思う前に体が動いていた」と救出劇を振り返り、幸子さんは「(男性が)無事で本当に良かった」と笑顔で話していた。

(2012年4月25日 読売新聞)


(道場主コメント)
長年連れ添った熟年夫婦が、こういうイザという非常時に連携を発揮するニュースを聞くと、単なる救出のニュースと言うよりも、私達もこうありたいと、強く想わせて頂けます。
そして、非常時こそ、「夫のたのもしさ」が問われるのかもしれませんね。


投稿者 : shihan001 投稿日時: 2012-04-19 (529 ヒット)

夫婦と言えども元はといえば、嗜好の異なる男女。愛しあう二人でも長く一緒にいれば、お互いに不満が生じるところです。

引用:

「夫は妻に外見の美しさを求め、妻は夫に内面の優しさを求める−。森永乳業(東京都港区)が45〜54歳の「アラフィフ」世代の既婚男女500人を対象に行った調査で、こんな結果が明らかになった。」(4月19日 Yahooニュース


こういう結果を見ると、女性は男性に対しがっかりしてしまうかもしれませんね・・・
相手の不満に気を配りながらも、内面と外面、両方に気を使って、愛するパートナーと接していきたいものです。


« 1 2 (3)
Facebook/ブックマーク登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
愛妻家Twitter