投稿者 : shihan001 投稿日時: 2012-06-20 (851 ヒット)



ここ最近、テレビ番組の特集などで、
芸能人の円満夫婦の特集をしていることが
とても多いように感じます。

例えば、

アメトーク
  「嫁を大事にしてる芸人 完全版」(2012年5月3日)

人生が変わる1分間の深イイ話
  「おしどり夫婦が大集合!!夫婦の絆テレビ初告白SP」 (2012年6月4日)
  
行列のできる法律相談所
  「愛妻家NO.1決定戦SP!」(2012年6月10日)

他にも、ホンマでっか!?TVでも、頻繁に夫婦円満に関するネタが紹介されますし、
芸能人夫婦がテレビでその円満ぶりを語る番組も増えてきたようです。


離婚率・未婚率が年々上昇している というニュースが出ている一方、
「豊かさ」を、「夫婦」や「家庭」に求めるといった
「幸せについての考え方」を見直す傾向もあるようであり、
そうした社会風潮が、こういったテレビ番組にも現れてきているようです。

もともと テレビっ子である道場主。
最近ハマる番組はなかなかないものの、
常時ONになっているテレビから、こういった「夫婦」関係の番組が多く流れていると
今後、「愛妻家」を名乗る夫が増えていくのではと
とても楽しみになってきます。


−−−−−−−−−−−−−−−

「愛妻の自慢をする夫はカッコいい」

という持論を日々実感している道場主ですが、

多くの人が見るテレビで、芸能人の方が妻自慢を実践されると、
共感する視聴者が増えるのではと、期待しています。

夫が妻の自慢話を 人前でするのはちょっと恥ずかしいというのは
もはや過去のこととなるのか・・・

社会に見られる夫婦関係の価値観が大きく変わってきている転換期に
いま私たちは生きているのではないでしょうか。

これから結婚する方も、既に結婚している方も、
自分たちの幸せを周りに 振りまき、
周りの幸せももらって、ますます幸せになるという、

「夫婦の幸せ循環社会」

になっていけば良いなと
日々願っています。


−−−−−−−−−−−−−−−

放送された番組で、若干気になること。

「愛妻家NO.1決定戦SP!」で紹介された芸能人夫婦は、
比較的結婚して間もない夫婦ばかりでした・・・

中には弁護士軍団から

「この夫婦はまもなく離婚する」

と宣告されてしまう場面も・・・


「愛妻家」を長く楽しみ続けるには、
ちょっとしたコツが必要かもしれませんね。



「ハッピーワーフ、ハッピーライフ!」



投稿者 : shihan001 投稿日時: 2012-06-12 (640 ヒット)



愛妻家の皆さま、奥さまとのドライブ
楽しんでいますか?

本日道場主は
本日免許更新をしてきました。

久しぶりに交通事故の教育ビデオを見て、
事故の悲惨さや不幸を改めて感じ、

「絶対に気をつけよう」

と、強く思いました。

特に「超愛妻家」を名乗るようになり、
一段とその思いは強くなりました。


−−−−−−−−−−−

自動車は、夫婦の余暇を楽しくする
すばらしい道具であると同時に、
気をつけなければ凶器もなるのは、
みなさまご承知のこと。

最悪、今の幸せな愛妻との生活が
一瞬で壊れてしまうということです。


「奥さまとの幸せを壊さない」

これを常に忘れないことは
とても重要です。

愛する妻との生活を失うこと以上に
辛く/悲しく/恐ろしいことはありませんから・・・

そう考えると、
 ・絶対に飲酒運転なんかできませんし、
 ・スピードの出し過ぎも、恐ろしいです。
 ・大切な人には絶対シートベルトをつけてもらいます。
 ・交差点の飛び出しに気をつけて、一時停止します。


結構当初「にっコリ(日本・コリア)夫婦の韓国妻は、
シートベルトが嫌いでした。
でも、

「もし事故になったら本当にけがをしてしまうから、
 お願いだからつけてもらえないか?」

とお願いをして、
必ずベルト着用でドライブ出発したものです。
彼女は私の愛を、すぐに理解してくれました。


「自転車」も気をつけなくてはいけないですね。

・携帯をいじりながら時点や運転
・ライトをつけないで自転車運転
・ブレーキなし自転車で運転


案外、自転車の保険をかけている方は
少ないように思われます。

奥様が自転車をよく使われる場合、
自転車にも保険をかけることは
奥さまへの愛ですよね。

自転車側の過失によって、
5000万円を超える賠償命令が出たケースもあります。

自転車の運転整備も年に1回程度は行いましょう。
お近くの自転車屋へ(TSマーク)問い合わせてください。


−−−−−−−−

こんなことを書いていると、
自動車の運転が怖くなってしまいますが、

自動車は最強の夫婦デートツールです。

結婚前は、車というプライベートスペースに
女性に入ってもらうことで、
距離を縮めていったものですが、

夫婦という状況では、
車内も二人の共有スペース。
「家」の延長という考え方もあるのでは?

家と同様、夫婦にとって
快適で居心地の良い空間を作ることが
夫婦円満の秘訣の一つではないでしょうか。

奥さまが

「はやく、車にのりましょ!」

と自ら誘ってくれるような、
そんな車内空間づくりを目指してみては如何でしょうか。


「ハッピーワイフ、ハッピーライフ」


投稿者 : shihan001 投稿日時: 2012-06-06 (639 ヒット)

愛妻家道場 第1回目の道場主コラムです。

愛妻家を意識するようになってから、
初めて会う方とのコミュニケーションが
とても楽になったぁと感じています。

先日主婦の方たちに混ざり、とある講義に出席しました。

主婦数人の中に、アラフォーのガタイのいいおじさんが一人だったので、ちょっとたじろいでしまいました。
講義の内容からは、「主婦ばっかり」というのは想像していませんでした・・・

休憩時間や昼食の時間、女性たちの中に一人男が入るというのは、男にとってはなかなかつらいもの。
ですが、せっかくですので色々話して交流をしてみました。


主婦Aさん
 「今日は朝早かったんですか?」

道場主
 「いやぁ、そんなに遠くないんで。
  奥さんがいま国の方に行っていて一人なので、
  朝からいろいろ忙しいですけどね・・」

主婦Aさん
 「あら、奥さまはどちらから?」

道場主
 「韓国籍で、国際結婚なんですよー。」

主婦A・B・Cさん
 「ええー、どうやってしりあったの??」


国際結婚ということもあるのですが、
皆さん「夫婦」の話は大好き!

私も、人に愛妻の話をするのが大好きなので
エピソードを話したり、ついつい写真を見せてしまったり。
度が過ぎると不快に感じる方もいらっしゃいますが、
あふれる素直な気持ちが自然に流れる感じで話している分には、
皆さんにも楽しんで聞いてもらえていますよ。

私も、他の夫婦のお話を聞かせていただくのが大好きで、
このあと皆さんと、色々夫婦話しで楽しみ、短い時間にもかかわらず仲良くなれた感じがします。


ついつい人に言いたくなってしまう「愛妻」の話って
人とのコミュニケーションにもいい影響があるなぁと
日々感じます。
夫婦の愛は、他の人をも幸せにするようです。


ますます「愛妻家 最高!」と思える毎日です。
奥さん、ありがとう!




今後も、道場主の日常や気づきを
コラムに書いていきます。

今後とも愛妻家道場をお楽しみください。


Facebook/ブックマーク登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
愛妻家Twitter