FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 愛妻家道場について

目次


愛妻家道場ってなんですか?
すべての夫婦が幸せになることが愛妻家道場主の願いです。
そのための方法として、旦那さまには「愛妻力」の向上をお勧めしております。
すでに愛妻家を宣言されている方には、ますます愛妻生活を楽しめるよう、そうでない方には愛妻家の良さを知っていただき、生活にお役だて頂こうと、各種サービスを用意しております。

詳しくは、「はじめての方へ〜愛妻家道場とは」をご覧ください。
道場主は誰ですか?
氏名:根本じゅんのすけ

愛する妻をもっと愛するため、
そして愛妻力で社会に貢献するため、愛妻専門家となりました。

詳しくは「道場主について」をごらんください。

なぜ愛妻家になることが良いのですか?
人の幸せも、幸せになる方法も人それぞれで、
いろいろな方法があると思います。

この愛妻家道場では、自分を変えることで
「夫婦」という社会の最小単位を良好にする方法をご紹介し、
日本中の夫婦の幸せの実現を目指しています。

ご夫婦により状況は異なるかもしれませんが、
既婚男性の皆さまには、愛妻家を幸せの近道として
おすすめしております。

詳しくは、「愛妻力段位 入門 〜 愛妻家になる理由と愛妻力」をご覧ください。
妻を愛しているなんて、軽々しく人に言うことではないのではないですか?
今日までの社会風潮として、奥様を愛していると人前で言うことは、「はしたない」「のろけている」と取られ、恥ずかしことであると考えられることが多かったように思います。
「恥を知る」という日本特有の美学感も影響しているでしょう。

しかし最近は、思い切って奥様の自慢をするくらいの方が、「家庭がしっかりしている」「奥様への気づかいができる」と好意的に捉えられることのほうが多いようです。

また、女性の社会進出が珍しくない今日では、男女相互に理解することが重要であり、これまでのいわゆる「男社会」的発言や振舞いではなく、女性からも受け入れられる考え方、発言も必要になってきます。そういう意味で奥様を愛しているといえる男性は、魅力的に取られるはずです。

これからは、「愛妻家」を名乗ることがカッコいいと言えるでしょう。
私は妻を愛しています。それで十分なのではないですか?
愛妻家道場では、十分かどうかは「奥さま」が決めることであるとしております。

世間では妻は夫に比べて結婚生活に満足できていない傾向にあり、夫はそれに気づかないことがあります。
今後も奥さまに気を配っていただき、不安等がございましたら愛妻家道場のサービスをご利用ください。
男は仕事を一番にがんばることが 奥さんや家族のためになるんじゃないですか?
家庭における男女の役割は、かつては「生きる」為に明確に分かれていて、それぞれしっかりとこなすことがお互いのためであったと言えます。

しかし、現在は女性が経済的に自立することも難しくないため、お金を稼ぐことだけが男の役割とは言えず、求められる役割は夫婦によって千差万別でしょう。

どのようなご夫婦であっても、愛妻家の夫として奥様を理解し気遣うことは、夫婦円満に役に立つのではと思われます。
私は「妻」ですが、このサイトを見てはいけませんか? 夫になおして欲しいところもあります。
当道場は、既婚男性つまり旦那さまを対象にしておりますが、
奥様の閲覧、入会も歓迎しております。

我々夫たちの最終的なお客様は「奥さま」ですので、
ご意見、ご質問、ご要望等、歓迎しております。

「夫に改善してもらいたい奥さま」向けのサービスも準備しておりますので、またよろしくお願いいたします。
情報を見るにはお金がかかるんですか? 小遣いが少ないので、大変です。
サイトの多くの情報をごらん頂くために、道場入門(無料会員登録)をお願いしておりますが、ほとんどの情報は無料で提供しております。

今後より充実した役立つ内容をお届けするために
有料コンテンツ・サービスも拡充いたしますので
よろしくお願いいたします。
もう妻のことは女性としてみていませんが、家庭は円満です。それでいいんじゃないですか?
夫婦円満が、愛妻家道場主の願いですので、
絶対に「愛妻家」になる必要はありません。

しかし世の中の多くの女性は「愛される」ことを求めています。
旦那さまが求める夫婦円満と、奥様が求める夫婦円満にズレがないかどうか、パートナーの奥様とコミュニケーションを取っていってください。

子供の方が好きです。これはどうしようもないじゃないですか?
お子様は何にも換えがたい、
ご夫婦の宝であるのは誰もが認めるところ。
そして、子育てに夢中になると、奥様への関心/気づかいが希薄になることも・・

子育てなどの生活を守る上では、
新婚夫婦のような関係ではいられないでしょう。

しかし、「どちらが好き」と比べるべきなのでしょうか。

なにより、お子様に中の良いご夫婦を見せることも
子育てでは非常に大事です。
そして、お子様が成長・独立された後も、ご夫婦の生活は一生続きます。

夫婦の関係は状況により変化しつつも、常に生涯の一番のパートナーとして、関係を深めていくことが、長い人生ではとても重要になります。

ぜひお子様にも、「愛妻家」の姿をお見せになってください。
私は離婚を考えていますが、なにかこのサイトで役に立つことはありますか?
「離婚したい」とお考えの方の多くは、感情的になっていたり、精神的な疲労などで、後で後悔しない決断をすることが難しくなりがちです。

まだ悩んでいる状況であれば、夫婦カウンセラーであります道場主にご相談ください。
離婚の決断のみならず、夫婦関係の改善の可能性を視野に入れ、親身にご相談に応じております。

詳しくは、愛妻家道場「夫婦カウンセリング」を御覧ください。

妻に問題があるので、私が愛妻家になっても変わりません。
「愛妻家道場」がすすめする「愛妻家」では、一方的に愛情表現するのではなく、奥さまとより理解しあった上で、愛情を注いでいくため、奥様に問題があると決め付けずに、共に解決していく事が重要と捉えています。

一番身近な関係だからこそ、不満もたまりやすいのですが、実は双方に問題があることが多いのです。

是非奥様に「愛妻家になんでも言ってごらん」と言ってみてください。
ずっと妻とセックスレスですが、愛妻家になれば修復できますか?
セックスレスの問題解決も、愛妻家道場の大きなテーマです。

精神・心理的な要因、身体的な要因が大きく、
別途専門家の診断も必要になる問題です。

しかしながら、その前提である夫婦関係を改善・良好にすることが、最も根本的な解決の手順です。
人によっては非常に時間が掛かる問題ですが、愛妻家道場の各種情報・サービスをセックスレス改善にお役立てください。

セックスレスの予防も含め、愛妻家道場ではご夫婦のセックスを重要な課題として、今後も研究、情報提供を行なってまいります。
だれでも愛妻家になれますか?
ご夫婦の幸せを望む旦那さまであれば、
愛妻家として考え行動することで、夫婦関係が改善します。

「他人と過去は変えられない」とよく言われます。

つまり、変えられるのは『自分と未来』だけです。
愛妻力で求められることは、自分を変えることです。


Facebook/ブックマーク登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

愛妻家Twitter